読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インテリアハック 2.0(仮)

部屋づくりは人生のコーディネート。なんて言ってみたり。

男のインテリアに絶対NG! お部屋のやってはいけないリスト7つ

男のインテリア

http://www.flickr.com/photos/40998509@N02/8619813587

photo by GinkgoTelegraph

インテリア男子でなくても「異性にモテる部屋を作りたい!」と一度は考えるはず。

異性に限らずとも、部屋に遊びに来た友人に「かっこいい部屋だね」と言ってもらいたい願望は、誰しも持っているのではないでしょうか。

しかし、そんな強い思いが裏目に出て、間違ったところに気合を入れてしまい、見た人に「うわぁ・・・」という感想を持たれてしまう、なんてことも。

今回は、そんな悲劇を避けるために「やってはいけない」リストを作ってみました。

「男らしさ」を出しすぎ

http://www.flickr.com/photos/85598619@N00/2651904068

photo by RightIndex

洋服のコーディネートにも言えることですが、過度に「男らしさ」を意識するあまり、男っぽいアイテム(トレーニンググッズや楽器など)を無理やり置いても逆効果です。

最近では「理系インテリア」なども人気ですが、男性らしい魅力を活かしたインテリアはあくまで部屋全体のコーディネートでさりげなく魅せるようにしてください。

汚い

http://www.flickr.com/photos/26775981@N05/3314968347

photo by Osamu Iwasaki

男前なインテリアというと、ろくに掃除もしない無骨なお部屋をイメージする方もいるかと思いますが、これもNGです。

床や家具に埃が積もっていたり、トイレやお風呂が水垢やカビ汚れなどで不潔な状態だと、どんなにこだわったインテリアでも台無しです。

神経質になりすぎないよう、適度な清潔感をキープできるようにしましょう。

臭い

http://www.flickr.com/photos/23765052@N05/4021194918

photo by Casey Myers Photography

ずっと暮らしていると、なかなか自分の部屋の「におい」に気づかないものです。

アロマやお香などもいいですが、普段から換気などをこまめにして、部屋に空気がこもらないようにしましょう。

色が「黒」だけ(もしくはバラバラ)

http://www.flickr.com/photos/16430366@N02/2949070631

photo by Saurabh_B

こちらも洋服と似ていますが、おしゃれな男性は色の使い方が上手いものです。

男のインテリアはついつい「黒」を多用しがちですが、あまり黒ばかりだと部屋のイメージが重く、暗くなってしまうもの。落ち着いた雰囲気を出すなら、照明等を工夫するなりして、上手に「色」を取り入れていきましょう。

とはいっても、いきなりカラフルな色使いはなかなか難しいもの。まずはベースをナチュラルカラーにして小物等でアクセントカラーを用いたり、色数を2、3色などに厳選してみましょう。

照明がひとつだけ

http://www.flickr.com/photos/97006177@N00/244832904

photo by Anna & Michal

部屋に元からある全体照明だけでは、どうしても凡庸なインテリアになってしまいます。

まずはひとつ、お気に入りの間接照明を取り入れて、ライティングに変化を付けてみましょう。

一時期流行ったネオンやブラックライトはNGです。かっこいいインテリアが作れないわけではありませんが、コーディネート上級者になってからにしましょう。

植物がない

http://www.flickr.com/photos/45605988@N03/5713582601

photo by girlingearstudio

男のインテリアはどうしても無機質になりがち。そこに植物がひとつあるだけで、部屋のイメージががらりと変わります。

植物が部屋に飾ってあると心に余裕があるように見える、なんて効果も。

いきなり本格的なガーデニングを始める必要はありません。まずはお店の人に相談して、管理しやすい植物から気軽に取り入れてみましょう。

趣味全開の部屋

http://www.flickr.com/photos/25542922@N06/3638253220

photo by lipton ice tea

自分だけの世界、自分の時間を持っている男性は憧れの的ですが、その世界に没頭するあまり周囲に気を配れないようでは大人の男性として失格です。

部屋に人を招くことがあるなら、そこはその人のための空間でもあるはず。過度に自己主張の強い内容にせず、インテリアにも「遊び」を残しておきたいものです。

コレクションを飾るなとは申しません。壁一面にこれでもかと並べるのではなく、お部屋に「ディスプレイコーナー」を設けて、厳選したものだけを上手に飾るようにしましょう。

 

いかがでしたか?

男らしさは見せびらかすのではなく、あくまで内からにじみ出てくるもの。

やりすぎ・こだわりすぎて隙のない「完璧」なインテリアを作るのではなく、心と生活に「余裕」のある空間を目指していきたいですね。

Hanako FOR MEN 男のインテリア

Hanako FOR MEN 男のインテリア